不用品回収と廃品回収と粗大ゴミ処分の違いと利用方法教えます!

>

不用品回収と廃品回収と粗大ゴミ処分を知って賢く処理しよう!

似てるようで違う不用品と廃品と粗大ゴミ

ここでは不用品、廃品、粗大ごみの違いをご紹介いたします。
まず、不用品ですが不用品とは「役に立たなくなった物、使用できな物」つまりゴミや故障した物の事を広い意味で表す言葉です。
不用品という言葉の意味が広いので、自然と不用品回収業者が回収するものは範囲が広く、危険物や生ごみ以外なら業者によって差があるものの回収してくれます。

次は廃品の意味自体は不用品とほぼ同じで「役に立たなくなった物」の事を表していますが、廃品回収となると意味が違ってきます。
廃品回収は「リサイクル可能な資源となる廃品を回収する事」、最もイメージが付きやすい廃品回収はちり紙交換では無いでしょうか。

実は粗大ゴミにも定義や意味はあるんですが、粗大ゴミは「ゴミ袋に入らない大型のゴミ」の事で東京都では1辺が30cm以上あると粗大ゴミと呼ばれます。粗大ゴミの処分は通常、居住地の行政に依頼します。

不用品回収の強い味方!不用品回収業者

皆さん一度は耳にしたことがあると思いますが、不用品回収を行ってくれる「不用品回収業者」とはどの様な企業なのでしょうか?
「引っ越すんだけど、いらないベットや机を早く処理したいんだけど」、「両親が死んで遺品整理をしたら、いらない物が大量にあって、とても一人では処分できない」、「物が捨てられない性格で部屋がゴミ屋敷みたいになってしまった、誰か助けて」これらの悩みを全て解決してくれるのが、「不用品回収業者」です。
大まかにいえば「不用品処理の便利屋さん」と言うところでしょうか、大量で大型の不用品でも数人で運び出してくれて、トラックで回収してくれます。
不用品が大量に出たら一番頼れるのが不用品回収業者であると言えます。


この記事をシェアする